日本のお風呂をもっと楽しもう『湯の国』
お風呂をもっと快適に、お風呂をもっと楽しむために
湯煙コラム

Vol. 42 汐見ゆかり

お風呂は癒しの空間

汐見ゆかり(しおみ ゆかり)

モデルとして活躍するも、2007年より女優に転身。
最近のCM出演作として、カネボウ化粧品『free plus』、日産自動車『MOCO』、キャドバリージャパン『クロレッツXP』、TDK『企業広告』。現在はテレビ、映画、舞台と幅広く活躍中。

丸顔プレゼンツ 舞台『エヴリデイ・エヴリナイト』に出演!!
2008年10月17日(金)〜20日(月)
出演:野村佑香・松永かなみ 汐見ゆかり 他
 
お風呂と聞いて、真っ先に思い出すのは家族のこと

仕事でクタクタに疲れたときは、まず岡山県の実家に戻ります。
上京したての頃は、まさに「水があわない」状態に加え、一人暮らしの生活や仕事でたくさんの化粧品を使う事で、よく肌が荒れていたのですが、実家のお風呂にゆっくり入ったりすると、数日でもと通りになっていました。帰る度に、母は祖母と私を連れて、車を飛ばして温泉に行ってくれます。3代そろって温泉につかっていると、とてもリラックス出来ます。
いまとなれば笑い話なのですが、お風呂と聞くとすぐにそのエピソードがでるくらい、私のなかでは記憶に残っている家族の出来事があります。

まだ私が10代だった頃、父に「居候のくせに、いちばん最初に風呂に入るな」って叱られたことがあるんです。 父は冗談で言っただけの言葉でしたが、私には「早く自立しなくてはいけない、いつまでも家にいてはいけない」という気持ちがあったので、その一言にすごく傷ついて、プチ家出をしました(笑)。
帰宅後、モデルのお仕事を本格的に始めたし、最近では女優としてのお仕事もスタートさせる事ができました。
今となってみれば、それが自立するきっかけになった出来事だったかもしれません。
そういうことが絡み合って、お風呂と家族のイメージがつながっているのだと思います。

だから私にとって、お風呂=家族の思い出
楽しいことも、少し苦い経験も、家族と一緒に暮らしていた証なので、大切にしたいと思います。
普段のお風呂タイムでは、美容のために、お塩を大量に入れて入浴しています。
大さじ5杯くらいの荒塩をポチャンッと入れると、汗をかきやすくなります。時間があるときは、そのまま1時間くらいお風呂に入っています。たくさん汗をかけば、肌もつるつるになりますよ!
お塩だけだと寂しいので、入浴剤で香りや色をつけたり、アロマオイルを入れたりして変化も楽しんでいます。
数年前にバリに旅行したとき、泊まったお部屋にたくさんの花びらを浮かせたフラワーバスがありました。アロマオイルの香りがいっぱいに広がっていて、キャンドルがライト代わりになり、とてもリラックスした時間を過ごす事ができる空間でした。
雰囲気をつくることで、リラックスしたり心をリセットできることを知り、バスタイムに興味を持つようになりました。そこで使用されていたアロマオイルを購入し、自宅でもキャンドルやアロマを焚いて、雰囲気を楽しんでいます。 長くお風呂に入るコツは、本やノートを持ち込む事です。読んだり書いたりしていると、1時間なんてすぐです!つまらないと感じるものだと、逆に長く感じるので気を付けて下さい。私の場合、お風呂の換気がとても良いので、たまにノートパソコンを持ち込んで、DVDを観たりしています(みなさんは真似しないでくださいね)。あまり怖くないもの(いろんな意味で)を選んで、バスタイムを過ごしています。
女優業を始めて1年。モデルのときに必要だった停止する筋肉と、お芝居で必要な動く筋肉では、使う箇所がまったく違うので、疲れ方も変わってきました。
ちょっとしたアクションシーンの撮影の後でも、身体があり得ないくらいパキパキになるので、そういうときもやっぱり、お風呂を利用しています。近場でも一人でも温泉に行って、ほっとひと息つくと、身体だけではなく、精神的にも落ち着きます。

なので、私にとってのお風呂をひとことで表すと、‘癒し’です。
家族との思い出をつくってくれたり、仕事の疲れを取り去ってくれる、大切な空間です!

文/汐見ゆかり(しおみゆかり)

10074415493_s.jpg

丸顔プレゼンツ 舞台『エヴリデイ・エヴリナイト』

2008年10月17日(金)〜20日(月)
出演:野村佑香・松永かなみ 汐見ゆかり 他

関連記事

go to page top

今月のお風呂

蓬湯(よもぎ湯)の作り方と効能、由来

特集

新生活!お風呂に置きたいバスグッズ

プレゼント

3月読者プレゼント

湯煙コラムバックナンバー

おすすめ

アクセスランキング