日本のお風呂をもっと楽しもう『湯の国』
お風呂をもっと快適に、お風呂をもっと楽しむために
湯煙コラム

Vol. 33 望月理恵

ココロがひらくバスタイム

望月理恵(もちづき りえ)

タレント・リポーター
出身地:兵庫県
学歴:神戸山手女子短期大学卒
趣味:料理(特にパン作り)、ゴルフ、テニス
血液型:O型

出演番組:TBS「世界ふしぎ発見」のレポーターをはじめ、フジテレビ「エブナイサタデー」の司会、同局「土曜LIVEワッツ!?ニッポン」のキャスターなどで人気に。現在(2006年8月現在)は、「東京コンシェルジュ(J-WAVE)」「ズームインサタデー(日本テレビ)」「FooDictionary(BS朝日)」「評判!なかむら屋(朝日放送)」などに出演中。

望月理恵オフィシャルブログ「mochiee's garden」
 
「お風呂」というと、あわよくば、汗をしっかりかいて痩せる場所。日本酒を入れ、本を持ってじっくり入る。たっぷり汗をかいた日は、体重計に乗るんです。汗の分だけ痩せているのでは・・・と。
しかし、あんまり減ってない。がっかり。
なんだよーーあの汗は体重に含まれてないのかよーー。どこに付いていた汗だよーー。そんな時、ええい、いいやと思いお風呂上がりビールを飲んでしまう。本末転倒。。。
そんなことが多々ある私、もっと気楽にお風呂にはいれないものか。
自分の裸と向き合うせいか、リラックスというより、いろんなことを考えちゃう時間ですね。でも、誰にもいえないことを考えてる時間。何をって・・それはいえないことをです(恥)
そ〜んな感じで普段はお風呂というともっぱら一人の時間ですが、たまにゴルフや温泉に行った時、友達や親とお風呂を共にします。これがまたいいんです。どうせ裸なんだし、心も開いちゃえ〜ってかんじになるんですかね。
いきなり、「彼以外に好きな人がいるの」と告白されたり、仕事の悩みをうちあけられたり、自分も「絶対秘密ね〜〜」なんていうお話をしたり。よく昔のテレビドラマで「背中でも流してやるか」みたいな親子の会話 。ありましたよね。警察でカツ丼が出てくるみたいに、心通じ合わせる空気を発するような気がします。素になれるというか。
私の実家は兵庫県で、有馬温泉まで30分。
久々に実家に帰った時は、両親と一緒に日帰り温泉旅行へ行きます。
昼食付きのプランがあって一日旅館の部屋を借りて、温泉に入りくつろげるのです。
必然的に私は母と温泉に入ることになるのですが、さすが親子。久々に裸を見せ合っても全然平気。
「あら理恵太ったんちゃう?」
「そうやねんーー。どうしよう。」
「最近おかあさん、ダンスしてるから結構しまってるよ〜」
「へ〜〜、私も運動したいねんけどな〜」
「そうそう、この間おいしい和食屋さん見つけてん!」
「あ、ネックレス買ったからあとで見せてあげる〜〜」
「理恵聞いて〜〜あのね〜〜」
という、なんでもない会話がお風呂の中で繰り広げられます。
でも、、、あれれ、これって親子というより女同士の会話。
裸で向き合った母は「母」ではなく「女」になっているんです。そんな風に感じるのは現在34歳、この歳になったからかもしれません。母はず〜と女だったけれど、私の目からは母という存在が大きく、女であることを忘れていました。それが、裸でお風呂に入った時、不思議と女としてかわいい人にみえたんです。

お風呂って自分だけの楽しみでもありますが、人と素直にふれあえる素敵な空間だと思います。
「裸を見せるやつに悪いやつはいない。」
そんなことわざないっか。

文/望月理恵(もちづきりえ)

関連記事

go to page top

今月のお風呂

蓬湯(よもぎ湯)の作り方と効能、由来

特集

新生活!お風呂に置きたいバスグッズ

プレゼント

3月読者プレゼント

湯煙コラムバックナンバー

おすすめ

アクセスランキング