日本のお風呂をもっと楽しもう『湯の国』
お風呂をもっと快適に、お風呂をもっと楽しむために
入浴法

低血圧や冷え性に「温冷交代浴」

熱いお湯と冷たい水を交互に浴びて血行促進

熱いお湯と冷たい水を交互に浴びる温冷交代浴。
血管を収縮・拡大させるので、心臓から血液を送りだす力が強くなり低血圧改善に効果があります。また、血液の循環が悪いことが原因の冷え性にも効果あり。
★ 水温差は体の負担となるのでいきなり水を全身にかぶるようなことはしないこと。
資料提供/協力:植田 理彦(うえだ みちひこ)先生『からだによく効く お風呂の入り方』(出版社:池田書店)

step.1
42℃以上の高温のお湯に、半身浴もしくは腰湯で3分間つかります。

step.2
浴槽から出て、冷たいシャワーを手か足に10秒間かけます。

 

関連記事

go to page top

お風呂の相談受付中

今月のお風呂

大根湯(だいこん湯)の作り方と効能、由来

特集

カサカサさせないお風呂の入り方・冬の乾燥肌対策マニュアル

湯煙コラム

プレゼント

2月読者プレゼント

入浴法バックナンバー

おすすめ

アクセスランキング