日本のお風呂をもっと楽しもう『湯の国』
お風呂をもっと快適に、お風呂をもっと楽しむために
湯煙コラム

Vol. 31 SAKURA

バススタイルが変わったぞ!!!

SAKURA(さくら)

モデル・コスメジャーナリスト。
パリ・ミラノでコレクションやベネトンワールドワイドキャンペーンなどファッションモデルとして活躍。現在は、コスメジャーナリストとして、雑誌・web・新聞など数多くの連載を持ち、TV・ラジオ・講演・イベントトークショーなどで、あらゆる角度から美を追求し発信中!コスモポリタン(集英社)「SAKURAの行ってきましたコスメ発表会」、Yahoo Beaty「きれいのバックステージ」、HOYU「虹色桜色」監修、ガールズゲイト「SAKURA MAGAZINE」他連載中。2006年春には、トリンプとのコラボレーションで、SAKURAデザイン監修のブラ&ショーツが販売展開予定で進行中!

SAKURAオフィシャルブログ 『SAKURAのキラ☆キラ☆日記』
 
最近、様々な発想のバスコスメが充実してきたおかげで、バスタイムはとても楽しいです!
以前は、オンとオフの切り替えは大事!なんて言っていた頃もありましたが、今ではほとんどがオンタイムの状態の私…。その中で、唯一お風呂の中はリラックスできる空間であります。
さて「SAKURAのお気に入りバススタイル&バスNEWコスメ!」最新版を御紹介したいと思います。例えば、リゾートホテルに滞在すると、バスタブの回りにお香やアロマキャンドルを置いてあることがあります。ジャスミンやバニラのお香を焚きながら、海を眺め入浴…こんなスタイルを思い出して、現地で入手してきたお香セットを立て、キャンドルのやさしい光の中での入浴は癒されます。
バスツアーズのパラダイスシャワーツアー
バスツアーズのパラダイスシャワーツアー
右側がバスアロマティック!
新製品バスコスメの中でも、リニューアルしたばかりの「バスツアーズ」はおすすめです。このバスツアーズは、3つのシリーズに分かれていますが「パラダイスシャワーツアー」のバスルーム用アロマミスト“バスアロマティック”は、目下愛用中!!! これは、もちろんパフュームコロンとして、ボディやルームフレグランスとしても使えるのですが、“バスルーム用”としての打ち出し方が新しくて気に入った理由でもあります。オレンジなど、さわやかな柑橘系の香りなので、バスルームにミストすると、蒸気に包まれる香りは、スパにあるスチームアロマミストのような心地よさを実感でき、リフレッシュ効果が高いのです。同じくバスツアーズシリーズの「ローズスパツアー」の天然シュガースクラブ“シュガーマッサージ”は、とても甘くロマンティックは気分に浸れます。ローズオイルベースのシュガースクラブなので、入浴後も肌全体からやさしくローズの香りが残り、お肌はつるつるしっとりなります。ソルトではなくお砂糖というのがポイント。これは、デートの前におすすめかも?!
8月にバリのリゾートホテルに滞在した時のバスルームの写真。お香やアロマキャンドルがさりげなく置いてあるのはお洒落です!「KEZOKI」の入浴剤を持参してる私で〜す。
入浴剤は「KENZOKI」の “ミルキィパウダー” と「ドクターシーラボ」の “NSSバス” を交互に使っています。KENZOKIは、旅先には必ず持参するほどで、もう何箱使ったか?乳白色でホワイトロータス(蓮の花)の香りがたまらなく癒されます。バスタブに白く残るのが苦手…という方もいるかもしれませんが、それを超えるくらい香りが良いのです。まだまだあるぞ〜!シャンプー&コンディショナーの世界もアロマ効果浸透中!「アジアチカ」の“アロマトリートメントシャンプーとコンディショナー”はネロリ系の香りがたまらなく好きです。それから、発汗作用を促す、いわゆる流行の解毒“デトックス” 効果抜群の、入浴前プレタイムと入浴中オンタイムに飲む新発想ドリンク“バスタイムエステ”なんぞ登場するなど、注目の新しいバスコスメがたくさんあります。そんなこんなで、バスタイムがより楽しくなった理由が少しでも伝われば嬉しいです。
SAKURAのバススタイル&新製品情報をお伝えしました!いかがでしたか?チャオ〜。

文/SAKURA(さくら)

関連記事

go to page top

今月のお風呂

蓬湯(よもぎ湯)の作り方と効能、由来

特集

新生活!お風呂に置きたいバスグッズ

プレゼント

3月読者プレゼント

湯煙コラムバックナンバー

おすすめ

アクセスランキング