日本のお風呂をもっと楽しもう『湯の国』
お風呂をもっと快適に、お風呂をもっと楽しむために
湯煙コラム

Vol. 88 小沢真珠

お風呂といえば、サンタクロース!?

小沢真珠(おざわ まじゅ)

77年生まれ。東京都出身。女優。
日本ベジタブル&フルーツマイスター協会制定ジュニアマイスター、中国語検定3級の資格を持つ。
ドラマ・舞台・映画・バラエティと活躍は多岐に渡る。13年ドラマ「ハクション大魔王」「都市伝説の女」「広域警察4」「謎解きはディナーのあとでスペシャル〜風祭警部の事件簿」、映画「上京ものがたり」「メサイア」などに出演。

小沢真珠 Facebook
 
お風呂の思い出といえば、クリスマス。
小さなころ、毎年クリスマス・イブにサンタさんが家に来てくれるというので、いつも会えるのを楽しみにしていました。
ところがいつもサンタさんが訪れるのはお風呂に入っているとき。ご飯を食べ終わって、父とお湯に浸かっていると必ずピンポーンと玄関のチャイムが鳴ってサンタさんがやってくるのです。
あわてて出ようとするのですが、父が「大丈夫、ちゃんとお母さんがサンタさんに待ってもらっているから、体を洗ってから出なさい」と言われ、その通りにしてお風呂からあがると、ツリーの下にプレゼントは置いてあるのですが、サンタさんはいませんでした。
母が「さっきまで待ってくれていたのだけど、忙しいからたった今帰っちゃったの。でもプレゼントもくれたし、よろしくって言ってたわ」と…(笑)。イブの夜は毎年そのパターンだったので、私のなかではお風呂といえばサンタクロース!なのでした。
いまの私にとってバスルームは、その日によって変化します。
仕事がハードなときはストレスから解放される癒しの場に、時間に余裕があるときはヨガなどをしてスポーツジムのように、忙しくてなかなか行けないエステの代わりにもなります。
ストレス解消したいときは、防水のDVDプレーヤーを持ち込んで、リラックスできるミュージックビデオや映画を流してゆっくり入浴します。バスソルトはラベンダーなどの優しい香りを選択。浴室の照明は暗めにして、アロマポットとバスライトの光だけにすると幻想的な雰囲気になり、現実を忘れさせてくれます。

元気なときは、ストレッチや呼吸法をやりながら、浴槽の中に沈めて使えるバランスチェアーに座ってエクササイズします。このときは発汗作用のあるバスソルトを入れて、ヨガのレッスンをして汗をかきます。
そしてどちらのときも、同時に髪のお手入れをします。最初にシャンプーをしてからトリートメント剤をしっかりつけて、シャワーキャップをしたまま映画を観たりエクササイズをしたり。普段は長時間できないので、一石二鳥なのです。
体調管理にもお風呂は欠かせません。冬は体を温め、夏は発汗するためにしっかり湯船に浸かっています。お湯に入っていると気持ちもリラックスして、本来の自分と向き合えるような気がします。こんなふうにその日の気持ちや疲れ具合によって自由自在に変化してくれる、お風呂の時間が大好きです。

かつて、バラエティ番組のロケで海外の田舎町に行ったのですが、その際に泊まったホテルのお風呂の蛇口から出てくるのが泥のような水で、しかも冷たいままお湯にならなくて大変でした。それ以来、いつも当たり前のように入っていた日本のお風呂のありがたみを身にしみて感じています。
私が普段から心がけていることは、ストレスをためないこと、健康な体を維持すること、いつも小さな目標を作って達成感を味わうこと。そして何よりも、家族や友達と会って楽しい時間を過ごしていっぱい笑うことです。

これから新しい家族が増えますが、今までどおりマイペースに仕事を続けさせて頂きながら、家庭との両立をがんばりたいと思っています。そして生まれてくる子供にも、クリスマスに両親がしてくれたお風呂のサプライズを受け継いであげたいですね。

文/小沢真珠(おざわ まじゅ)

関連記事

go to page top

今月のお風呂

蓬湯(よもぎ湯)の作り方と効能、由来

特集

新生活!お風呂に置きたいバスグッズ

プレゼント

3月読者プレゼント

湯煙コラムバックナンバー

おすすめ

アクセスランキング