日本のお風呂をもっと楽しもう『湯の国』
お風呂をもっと快適に、お風呂をもっと楽しむために
ブログ
2014.07.07

パリ滞在ホテルのお風呂&空港ラウンジのシャワールーム初体験

一足早目の夏休みをいただきパリに行ってきました。
滞在6日のうち、2日間は雨に降られてしまいましたが、
傘をさしてパリぶらもまたおつなものですね。
下はルーブル美術館内より雨上がりのナポレオン広場方面をパチリ。

pris_01.jpg

パリ観光では毎日へとへとになるまで歩くのでホテルは
ゆったりくつろげるバスタブ付きが絶対条件!
今回は6区にあるホテル アトランティスを予約。
デラックス ツインルームで一泊180ユーロ(25,000円くらい)です。

バスルームは予想以上に広く快適でした!
入浴剤も持参して、足の疲れをよくあたためてもみほぐします。
この足のケアで、疲れも半減、旅の後半戦の元気につながりました!

pris_hotel02.jpg

pris_hotel01.jpg

pris_hotel04.jpg

また、帰国時にエールフランス航空のラウンジを利用できたのですが、
なんと個室のシャワールームがあったので大喜びで浴びてきました。
タオルやアメニティはもちろん無料!
アメニティ類はロクシタンでそろって贅沢。
着替えも済ませて気分爽快で帰路につけました。

pris_ep01.jpg

pris_ep02.jpg

おまけ。

パリからTGVで1時間くらいにある、リール郊外の街ランスにある、
ルーブル美術館の別館「ルーブル・ランス」はおすすめです。
美術史をコンパクトに辿ることができます。

設計を担当したのは、日本人の妹島和世氏と西沢立衛氏の建築ユニットSANAAで、
外壁のガラスにまわりの風景が建物に映り込む、とても透明感ある素敵な光景です。
日本人としても誇らしいですね。

louvre – lens
Rue Paul Bert, BP 11, Rue Hélène Boucher, 62301 Lens

paris_louvre-lens.jpg

今回のベスト オブ パリご飯!
9区、レ・カナイユが雰囲気含めとても美味しかったです。
左の牛タンカルパッチョ、上にはパルメザン、ピクルス、クレソン...う、旨い!!!
右のメインは羊腎臓とジロール茸、マッシュポテト。
羊腎臓はなかなか日本では食べられないですね...絶品。

Les Canailles
25 Rue la Bruyère, 75009 Paris

paris_gohan.jpg


関連記事

go to page top

今月のお風呂

蓬湯(よもぎ湯)の作り方と効能、由来

特集

新生活!お風呂に置きたいバスグッズ

湯煙コラム

プレゼント

3月読者プレゼント

ブログバックナンバー

おすすめ

アクセスランキング