日本のお風呂をもっと楽しもう『湯の国』
お風呂をもっと快適に、お風呂をもっと楽しむために
湯煙コラム

Vol. 107 秋元才加(女優)

裸でゴロン!?秋元流、独自の入浴方とは…?

秋元才加(女優)(あきもと さやか)

1988年生まれ。千葉県出身。女優。AKB48の元メンバーで第2期オーディションに合格。2013年8月にAKB48を卒業後は、ドラマ、映画、舞台、そして経済番組のMCやバラエティに出演するなど幅広く活躍。TX系全国ネット「マネーの羅針盤」、CSCXワンツーネクスト「ハンサムキッチン シーズン2」レギュラー出演中。
映画「ギャラクシー街道」全国東宝系で上映中。
主演映画「媚空」11月14日全国順次ロードショー。

秋元才加オフィシャルブログ
 
私、お風呂に入ることが大好きなんです。だからバスルームは、家の中で一番落ち着く場所ですね。
浴室がとても気に入っています。ゆったりと浸かれる大きさの浴槽が付いているし、とくに窓があるのが嬉しかったですね。窓を開けると外から風が流れこんで気持ちがいいんです。外が明るい昼間のうちにお風呂に入ると、少しだけ露天風呂みたいな気分が味わえるんですよ。
実は独自の入浴法があるんです。今まで「わかる!」って言ってくれた人は誰もいなくて、ほとんど「変わっているね」と笑われてしまうのですが。

まずは普通にお湯に浸かります。ある程度時間が経って汗がどっと出てきたら、一度お風呂からあがって、ベッドにゴロンと裸で横になって休憩をはさむんです。そうやって20分くらい、うとうとしながら寝転んでいます。そのうち少し体が冷えてくるので、そうしたらまたお風呂に戻るんです。お風呂で汗をしっかり出したい私にとって、この入浴法は最高なんですが、どなたか同じ入り方をしている人はいるでしょうか(笑)?

お湯に浸かっている間は、お風呂のフタの上に、飲み物と雑誌、本、タオル、スピーカーを置いて音楽を流しながら、大好きな読書を思いっきり楽しみます。お風呂の中で読むのはファッション誌や詩集、それから小説が多いですね。最近読んだのは「わたしが一番きれいだったとき」で有名な茨木のり子さんの詩集です。

お風呂の中で美を磨くことは、あまりしないですね。過剰なまでにいろいろ試していた時期もありましたが、私の場合あまり手をかけない方が肌の調子が良いんです。なので今はすごくシンプルなお手入れのみになりました。とはいえ、アンチエイジングの方法などが載った雑誌を愛読して、研究だけはするのですけどね。
美容品にこだわるよりも、お風呂に入って汗をかいて一日の疲れを取るのが一番です。あとはたっぷり寝て、適度に運動をしながら規則正しい生活を送ることです。
AKB48時代はすごく忙しかったし、精神的にも体力的にも厳しかったので、今は何があっても大変だと思わなくなりました。当時は目のまえのことを乗り越えるだけで精一杯でしたが、同時に成長させてもらえたんです。
現在は女優業が中心ですが、経済番組の司会は、社会の一般常識をあまり知らないことに危機感を持っていたので、とても勉強になっているありがたいお仕事です。どんなことでも「これは無理だ」って考えないでやってみるという精神は、AKB48で学んだことの一つです。
秋元才加にやらせてみたいと思ってくださるなら何でもやってみたい。女優という肩書やイメージにこだわるのではなく、自分のさまざまな面が引き出されるようなお仕事に積極的でありたいです。

最近映画監督の三谷幸喜さんの作品に出演させて頂いたのですが、三谷さんは“あて書き”(※)なので、私の家族や友達に「才加が言いそうだ」と思われるセリフがぽんぽん出てきます。今まで見せることがなかった私の一面が出ていて、おもしろがっていただけるんじゃないかと期待しています。

話/秋元才加(あきもと さやか)

※あて書き:演劇や映画などで、その役を演じる俳優をあらかじめ決めておいてから脚本を書くこと。

関連記事

go to page top

今月のお風呂

蓬湯(よもぎ湯)の作り方と効能、由来

特集

新生活!お風呂に置きたいバスグッズ

プレゼント

3月読者プレゼント

湯煙コラムバックナンバー

おすすめ

アクセスランキング