日本のお風呂をもっと楽しもう『湯の国』
お風呂をもっと快適に、お風呂をもっと楽しむために
湯煙コラム

Vol. 29 魚住りえ

一石四鳥のバスタイム

魚住りえ(うおずみ りえ)

タレント。
1972年大阪府生まれ。1995年慶応義塾大学卒業後、日本テレビに入社。「ジパングあさ6」等のレギュラーを持ち、人気アナウンサーとなる。 2004年3月、日本テレビを退社。退社後はタレントとしてTV、ラジオ、ナレーションなどで活躍中。また、自身のホームページでコラムを執筆している。

魚住りえオフィシャルホームページ
 
バスタイムは私の生活の中でとーっても大切な時間のひとつ。ミネラルを飲料から摂るのもいいですが、皮膚から直接浸透させるという意味でお風呂にソルトを入れています。
漢方の効能もたっぷりある塩や、にがりなどを入れます。代謝をよくするために、たっぷり入れてしっかり温まります。5分も浸かっていると額からジットリ汗をかきます。その後は冷たーいシャワーを足元から全身で浴び、再びポカポカ湯船へ!ただ、1.5リットルのミネラルウォーターをバスタブの脇に置いてしっかり水分補給も忘れずに…。毎日、一時間くらい入浴していますが、大体1リットルは水を飲んでいます。それくらいの汗をかいているんですね…。驚きです。
お風呂に入っている間、よく読書をする方もいますが私は逆。なーんにもしません。頭を真っ白にして、ただただ汗をかいて冷たいシャワーを浴びて、熱いお風呂に入る、の繰り返しです。
たぶん運動しているのと同じことなんでしょうね。すごく無心になれるし、ストレス発散にもなります。でも、やっぱりバスタイムは女の子らしく楽しく過ごしたいので、ボディタオル、シャンプーやリンスを入れる容器、タオル、バスマットなどすべてピンクで統一しています。
そして1日24時間しかないうちの一時間を過ごす大切な空間ですから、シャンプーもトリートメントもお花やハーブなど香りの高いものを使うようにしています。
お風呂場はちょっとしたミストサウナ状態になっていますからこれを活かさない手はない!!大好きなローズやラベンダーの香りを楽しみながら、丁寧に髪をトリートメントして湯船に浸かりながら、ゆっくりと浸透させていきます。私はかなりのロングヘアーなのですが、これを毎日続けているおかげでほとんど傷まずに伸ばすことができました!そして気になるお肌…。週に一度はしっかりディープクレンジングして泡のパックを5分ほど。毛穴がしっかり開いていますから栄養が肌の奥まで届いていきます。軽くマッサージして、洗い流した後、今度は冷たいシャワーで毛穴を引き締めます。私にとってバスタイムは女性が日々美しくなるための最高の時間だと思っています。まさにシンデレラタイム!!
最後にこれは母から教わったのですが、ぜひ皆様にもオススメしたいことがあります。お風呂から上がったら、乾いたタオルでお風呂場のドア、壁、浴槽、鏡、そしてシャンプーやリンスの底など水分をふき取ってしまうんです。その後、浴室乾燥をするだけ!こうするとお風呂場がいつもピッカピカで毎回気持ちいいですよー!お風呂場の掃除って気合を入れないとなかなかできないですけど、毎回軽く浴室を拭いてあげるだけでかなり楽チンになりますよ。「今日もありがとねーっ」ってつぶやきながら…。コレを毎日続けているとちょっとしたエクササイズにもなっていですよ。(背筋、二の腕にききます)代謝もよくなって、肌も潤って、引き締め運動にもなってまさに一石四鳥!!バスタイムがないと私の一日は終わらないかもしれません!

文/魚住りえ(うおずみりえ)

関連記事

go to page top

今月のお風呂

蓬湯(よもぎ湯)の作り方と効能、由来

特集

新生活!お風呂に置きたいバスグッズ

プレゼント

3月読者プレゼント

湯煙コラムバックナンバー

おすすめ

アクセスランキング