日本のお風呂をもっと楽しもう『湯の国』
お風呂をもっと快適に、お風呂をもっと楽しむために
特集

世界の温泉地

世界の温泉地

カレンダーを眺めていたら、夏休みまであと2ヶ月ちょっと。そろそろ夏休みの計画でも立てるかな〜、と何気なく検索したのが「温泉」でした。まあ、風呂好きとしては「休み」→「リラックス」→「温泉」という思考が勝手に働いてしまうんですね。で、早速パソコンで温泉検索。これが出てくる出てくる。日本はほんとうに温泉地が多い。北から南まで各地にある。で、フッと思っちゃった。「これ、世界的にも同じなんだろうか?」と。そもそも温泉地って世界中にあるの? 疑問に思ったことは調べるべし!ということで、今月の調査テーマは「世界の温泉地」。インターネットの力を最大限に使って(?)調べてみました。 (調査隊員:カジノリコ)
worldmap.gif
ステップ1:疑問に思った時はまず検索!?
まずは「世界の温泉」で検索してみた
さっそく検索ワードを「温泉」から「世界の温泉」に変更。検索ボタンを押してみたところ、最初に出てきたのは意外にも「スパワールド世界の大温泉」でした。大阪にいながらにして世界の温泉に入れるらしい。それはそれで魅力的ですが、今回我々が探している"世界"はまた別モノなので、引き続き検索開始。見つけたのはWikipediaの「世界の温泉地一覧」というページ。そう そう知りたかったのはこういうヤツです。

リンク先をご覧いただけばお判りになるように、これがけっこう数があるんです!で、チマチマと数えてみました。アジア38ヶ所、オセアニア2ヶ所、ヨーロッパ27ヶ所、北アメリカ・中央アメリカ6ヶ所、南アメリカ5ヶ所、アフリカ2ヶ所。そしてなんとなんと南極1カ所!総数81ヶ所!!(※日本は除く)
worldmap.gif
ステップ2:やっぱりビジュアルで見てみたい!
ということで。「世界の温泉地」の写真を探してみた

世界中にこれだけの温泉地があると知ると、次に気になるのはやっぱり「ビジュアル」ですよね。そこで、世界の温泉地の写真をアレコレ探してみました!ところ変われば温泉も変わる?リラクゼーション重視の日本の温泉に比べて、海外の温泉は全体的にアクティビティな雰囲気です。“浸かる”というより“泳ぐ”という感じ。
photo_monte_s.jpg photo_dese_s.jpg
左/イタリア:モンテカティーニ・テルメ、右/南極:デセプション島
ひと言メモ:デセプション島の温泉は世界最南端の温泉です。南極に温泉!?と思った方も多いのでは?ちなみに日本最南端の温泉は西表島にあります。


photo_beitou_s.jpg photo_bl_s.jpg
左/台湾:北投、右/アイスランド:ブルーラグーン
ひと言メモ:ブルーラグーンは世界最大の露天温泉!その広さたるや競泳用プールの4個分もあるそうです。


photo_rotoa_s.jpg photo_hamama_s.jpg
左/ニュージーランド:ロトルア、右/ヨルダン:ハママートマイーン
ひと言メモ:死海の近くにあるハママートマイーンは、滝ごと温泉という変わり種。


photo_pamu_s.jpg photo_raguasu_s.jpg
左/トルコ:パムッカレ、右/メキシコ:アグアスカリエンテス
ひと言メモ:言わずと知れたパムッカレ。世界遺産としても有名です。この白さは石灰によるもの。白い棚田のような風景は圧巻!


photo_seni_s.jpg photo_karulo_s.jpg photo_coro_s.jpg
左/ハンガリー:セニーチェ、中/チェコ:カルロヴィヴァリ、右/アメリカ:コロラド
ひと言メモ:実はハンガリーは温泉大国。首都のブタペストだけでも30もの温泉があるそうです。


photo_bath_s.jpg photo_toratongo_s.jpg
左/イギリス:バース、右/メキシコ:トラントンゴ
ひと言メモ:イギリスのバースは「Bath」の語源となった街という俗説もありますが、その真偽は定かでない模様。写真は観光名所「ローマン・バース博物館」。


photo_taubo_s.jpg photo_vise_s.jpg
左/ニュージーランド:タウボ、右/ドイツ:ヴィースバーデン
ひと言メモ:ドイツはクア治療で有名な国。ヴィースバーデンは鉱泉療養地として知られています。


photo_soou_s.jpg photo_borling_s.jpg
左/台湾:蘇澳冷泉、右/フィリピン:ボルネオ島ポーリン
ひと言メモ:実は台湾も温泉の国なんです。その多くは風光明媚な山林の里にあるそうで、都会を離れてリラックスしたい人たちに人気が高いそうです。日本と似てる?


photo_hamat_s.jpg photo_banos_s.jpg
左/イスラエル:ハマト・ガデル、右/エクアドル:バニョス
ひと言メモ:イスラエルにも温泉があるんですね。一方のエクアドル、「バニョ」はお風呂という意味らしい。
worldmap.gif
ステップ3:地図に旗を立ててみたくなった……
「世界の温泉地図」を作ることにした
温泉地リストをしげしげ眺めているうちに気付きました。「全部の大陸に温泉がある!?」これはもう、世界地図を用意してマーキングしていくしかありません。そこでGooglマップの力をお借りして「世界の温泉地図」を作ってみることにしました。せっかくなので「湯印」のバルーンを作成。世界地図のあちこちにお湯マークが乱立です!

より大きな地図で 湯の国Web_世界の温泉地 を表示
worldmap.gif
ステップ4:みなさまのお知恵拝借!
アナタの知ってる「世界の温泉地」を教えてください!
三省堂 大辞林によると、『温泉』とは「その地方の年平均気温より高い温度のわき水。日本では湯温が摂氏二五度以上か、または規定された物質を溶存するものと定められている。地下水が火山起源の熱で熱せられたものが多い」と定義されています。

世界の活火山の分布地図を見てみると、確かに「世界の温泉地」の地図と被るところがあるような……。でも活火山の分布地図にはマークがあるのに温泉地図には湯印が立っていないところもある……。きっと「世界の温泉地」はあのリスト以外にもたくさんあるんだろうなぁ……。ということで、ここはひとつみなさんのお知恵を拝借!!

ぜひあなたの知ってる「ここにも温泉あるよ情報」を教えてください!!随時マップに追加させていただきます。また、お手持ちの「世界の温泉地写真」がある方はぜひお送りください。こちらも地図に加えさせていただきます。宛先はyunokuniweb@gmail.comまで。お待ちしておりまーす。

関連記事

go to page top

お風呂の相談受付中

今月のお風呂

大根湯(だいこん湯)の作り方と効能、由来

湯煙コラム

プレゼント

2月読者プレゼント

特集バックナンバー

おすすめ

アクセスランキング